2016年11月22日火曜日

トランスアジア航空解散

台湾のトランスアジア航空(復興航空)が22日の全便運航取りやめに続き、臨時取締役会を行い、会社の解散を決定したとの報道がなされています。トランスアジア航空は2014年に澎湖島で着陸に失敗、2015年にも台北松山空港離陸直後に墜落事故を起こし経営難に陥っていた様です。

茨城空港には開港以来、当時成田空港への乗り入れが許可されていなかった同航空会社のチャーター便が多く就航。春秋航空の定期チャーター便を除くと最も多くの運航回数を重ねてきました。震災以降は台湾からの需要が激減。2013年には連続チャーター便就航が決定していましたが、開始前に計画変更を余儀なくされるなどなかなか苦しい状況にありました。
2014年には子会社の格安航空会社Vエアを設立。2015年に日本初となるチャーター便を茨城空港に運航。翌年3月には定期便を就航するなど良好な関係が続きましたが、こちらも経営難で9月に運航停止。トランスアジア航空へ併合されるとの噂が流れましたが、一転1年間の運航休止で会社存続を決定するなど混乱が生じました。
茨城県としては貴重な台湾路線維持のために親会社のトランスアジア航空への働きかけをしていくとのことでしたが、親会社の解散で台湾とのつながりは一層厳しいものとなりそうです。

2016年11月3日木曜日

茨城空港発 北海道スキーツアー

スカイマークの航空券とホテルの宿泊をセットで販売しているスカイパックツアーズが新商品「SKI&SNOWBOARD北海道」を開発しました。従来のセットに加えて、スキー、スノーボードの宅急便料金やスキーバス、リフト割引券を合わせたお得にプランとなっています。宿泊地は札幌もしくはスキー場のリゾートホテルのいずれかで最安1万9800円から(茨城空港発。利用日により価格変動あり。利用日によってフライト追加代金が発生する場合があります。)
ウインタースポーツを楽しみたい方は是非検討してみてください。

茨城空港 9月の利用実績

東京航空局が9月の利用概況を発表しました。
茨城空港では国際線が前年比5.9%減の1万1741人。国際線は23ヶ月連続前年越えを記録していましたが、Vエアの撤退もあり久々のマイナスとなりました。
国内線は25.5%増の4万1781人で9月としては過去最多、初の4万人突破となっています。スカイマークの予約状況でも例年10月は空席が目立つ傾向にありますが、今年は神戸便を中心として満席、残数わずかの便が多く見られました。国際線の減少はやむを得ませんが、国内線が堅調な分、10月以降も見通しが明るく感じられるようになってきました。
国際・国内合わせた総利用者数は5万3522人でこちらも9月としては初めて5万人を超える数字となっています。今年度上半期の利用者数は32万6664人となり、12月からの神戸便増便の効果次第で前年度を上回る可能性が大きくなっています。